2015年06月17日

今宵、お兄ちゃんに夜這いします。01


今宵、お兄ちゃんに夜這いします。

智香(ともか)は先月誕生日をむかえたばかりの23歳。やる気のないOLだ。
なぜやる気がないのかは割愛する。

さあ、今夜は新月。絶好の夜這いびより。

兄の友哉(ゆうや)がひとりで住むマンションに押しかけてシャワーを浴びていた智香は洗面台の前で自分の姿を確認していた。

(うう、恥ずかしい格好……)

乳房があらわになったオープンバストのキャミソールは見ているだけで恥ずかしくなるが、これもすべて兄を落とすため。ショーツの腰ひもをあらためてゆるくリボン結びにした。
両手にこぶしを作って「よしっ」とひとりごとをつむいで気合いを入れる。

それから下着姿のまま、リビングへ向かった。

真夜中の薄暗いリビングを、ぺたぺたと静かな足音を立てながら進む。

つき合っていた彼女にふられてやけ酒をして泥酔中の兄はリビングのソファですうすうと品行方正な寝息を立てて眠っている。
襲うのには絶好の機会だ。これを逃したらきっともうチャンスはおとずれないだろう。

オレンジ色の淡い光に照らされた友哉の顔は麗しい。

この美しさは自分とはまったく別の遺伝子で構成されている。連れ子どうしの再婚だから3歳年上のこの兄とは血がつながっていない。

彼の艶やかな黒髪をそっと撫でる。やわらかく、少しクセがある。

(はあ、やっぱりかっこいい)

友哉と初めて出会ったのは智香が15歳のときだ。


目 次 l 次 へ




ページトップへ