2016年04月27日

いたずらな花蜜1-05


 アリシアはティーカップとスコーンをテーブルの端に寄せ、自身もソファの端――フィースの真横に座った。彼はこちらを見ようとはせず、無言でティーカップを手にとって一口だけすすった。
 アリシアはスコーンにジャムを塗りつけながら彼のようすを横目でうかがう。

「え、と……お腹、空いてるよね? はい、あーん」
「――!?」
「ほら、口を開けて」

 ずいっ、とスコーンを彼の口の前まで差し出す――というか、押し付けた。
 ためらいがちにフィースの口がひらき、スコーンをひとかじりする。

「おいしい?」
「……ん」

 フィースはモグモグと口を動かしている。

「どんどん食べて」

 彼が素直にスコーンを食べているのが嬉しい。アリシアはニマニマとほほえむ。

「………」

 フィースの翡翠色の目がわずかに細くなった。アリシアが手にしているスコーンはもう残りわずかだ。おそらく次が、最後の一口。

「……っ!?」

 フィースはアリシアの手首をつかんで大きく口を開けた。彼女の指ごとスコーンの欠片を口に含み、華奢な指先をペロリと舌で舐め上げる。

「……っぁ」

 アリシアが手を引っ込める。
 たしか前にもこういうことがあった。もうずいぶんと昔のことだ。

(あ、れ……。なんだろう……。いま、されると……なんだか、すごく恥ずかしい)

 アリシアは引っ込めた右手をどうしたらよいのかわからず、手持ち無沙汰にうつむいていた。
 いっぽうのフィースは何食わぬ顔でオレンジティーをすすっている。

「――で、話ってなに?」
「あ、うん。秘密の花園に、一緒に行ってもらいたくて」
「秘密の花園って、ノマーク神話の二巻に出てくるところ?」
「そう! 具体的な場所を突き止めたの。明日、どう?」
「んー……」

 フィースの表情は浮かない。

「なにか用事がある?」
「いや、ないけど……」
「じゃあ、決まりねっ」
「いや、待ってアリシア」

 アリシアは強引に話題を変える。

「ねえフィース、疲れてるでしょ。肩を揉んであげる」
「……いい、けっこうだ」
「遠慮しないで。ね? 私、けっこう上手いのよ。いつもお父様の肩を揉まされているから」

 フィースがオレンジティーを飲み終わるのを待ってからアリシアは彼の背をグイグイと強引に押してうしろを向かせた。両肩に手を乗せて揉み始める。

「……あんまり凝ってないわね」
「まあ、そりゃ……机上で仕事をすることがあまりないから。というか、そういうのは肩が凝るから嫌いだ」
「ふふ、フィースは本当、体を動かすのが好きよね」

 ああ、久しぶりにマトモに会話ができている。
 アリシアは顔をほころばせて、あまり凝っていない肩を揉みほぐしていく。

(肩幅……こんなに広かったかしら)

 そんなことをぼんやりと考えながら両手を動かす。

(……なんだか、眠くなってきちゃった)

 しかしまだ、彼に触れていたいと思った。
 アリシアはしだいにウトウトと舟を漕ぎ、とうとうまぶたを閉じて、フィースの広い背中に突っ伏した。

前 へ l 目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 04:50| いたずらな花蜜《完結》


ページトップへ