2017年04月08日

秘されし、その甘やかな救済 第一章01


 見上げたヴォールト天井は背丈の何倍先にあるか知れない。遠くに見えるその穹窿には萌黄色の蔓薔薇とともに天の使いたちが描かれている。それは、見る者に神の存在を濃く印象づける――。


 ノマーク神国の中枢、ユマノマク神殿の一角で、巫女見習いのラティーシャ・カトラーは巡礼者に護符を授けていた。

「あなたに神のご加護があらんことを」

 彼女がほほえむと、巡礼者は「ほぅっ」と感嘆した。その美しさにはだれもが息をのむ。
 透けるような白い肌はみずみずしく、腰まである銀色のストレートロングヘアは見るからにサラサラでもつれそうにない。瞳は宝玉の翡翠を思わせる鮮やかな緑だ。
 巫女見習いの彼女は装飾のない質素なクリーム色の長衣を着ている。それでも、いたいけな雰囲気を残しながらも女性らしさを兼ね備えたラティーシャは人目を引いた。神殿の華とまで謳われるほどだ。

「――お疲れ様でした」

 護符の配布を終え、神殿内をくまなく掃除したラティーシャは先輩の巫女たち一人一人に挨拶をして帰路についた。
 彼女は見目こそ華美だが仕事には堅実かつ地道で、同僚や先輩への気遣いも怠らない。常に最善を尽くし、真面目にコツコツと物事をこなしていく。

(ああ……早く一人前になりたいわ)

 そんな彼女の目標は、昇格して巫女になることだ。
 ラティーシャには複数の異母兄妹がいる。兄妹がたくさんいることは嫌ではないが、次から次に女性を連れ込む父親に嫌気がさしてラティーシャは実家を飛び出したのだった。

(巫女になれば、神殿の中に住める。俗世ともさよならよ)

 巫女見習いのラティーシャはいまは神殿からほど近い宿舎に寝泊まりしている。神殿へ通うのが面倒だと思ったことはないが、いままで外を歩くとろくな目にあってこなかったラティーシャには、この通い道は毎日が戦々恐々としている。
 ラティーシャは周囲を警戒しながら夜道を歩いていた。

「………」

 ふと立ち止まる。道端に誰かが倒れている。
 それが女性だったならば、ラティーシャは迷わず駆け寄っただろう。
 だが倒れていたのは男性だった。身なりからしてかなり高位の貴族だ。

(……どうしましょう)

 いや、迷っている余地はないのかもしれない。もし心臓発作等の病気ならば、一刻を争う。男性だからという理由で尻込みしてしまうのはいかがなものか。
 ラティーシャは意を決して男性に近づいた。
 貴族がたった一人で道端に倒れているなんて不審きわまりないが、そうも言っていられない。

「あの……どうなさいました?」

 声を掛けると、金髪の男性がわずかに顔を上げた。

「……気分が、優れなくて……休憩していた」

 ――道の真ん中で、うつ伏せに倒れて休憩していたの?
 唖然とするラティーシャを金髪の男性の碧い瞳がとらえる。すると、彼の目がとたんに見開かれた。ラティーシャは後ずさる。

(このひと……お酒くさいわ)

 なんだ、泥酔しているだけか。

(だけど……)

 このまま放置して馬にでも轢かれてしまったら気の毒だ。後味が悪い。

目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 06:34| 秘されし、その甘やかな救済《完結》


ページトップへ