2017年04月21日

秘されし、その甘やかな救済 第一章06


 大声を出してしまったことの恥ずかしさが抜けきらない状態でいきなりそんなことを言われれば頭の中が沸騰する。公爵は美貌の面を少しも崩さず大真面目なのだ。

(なぜ……? 会ったばかりなのに)

 ラティーシャは混乱して、無意識に首を横に振った。

「わ……私は、巫女になりたいのです。巫女になることが、私の救いなんです。ですから……結婚はしません、だれとも」

 愛なんて気まぐれだ。父のように、公爵だってすぐに飽きてほかの女性を好きになるに違いない――。
 いつの間にか家令の姿が見えなくなっている。
 ラティーシャは部屋を出て行くべく足を動かす。しかし、マティアスは長衣の裾を放してくれない。

「きみこそが俺の救いだ。……倒れていた俺を介抱してくれた」
「それ……は……」

 心配はしたが、行き倒れの人を放っておいたら神殿の外聞が悪くなると思ったからだ。しかしそれを素直に告げるのはどうしてかはばかられた。
 正直に言ってしまえばよかったのだ。頭の中では打算的なことしか考えていないのだ、と。

「……っ、お放しください。急ぎますので」
「ああ……そうそう、神殿にはきみの休暇を申請したから気兼ねなく休んでいい」
「なっ……!?」

 ――私が巫女見習いだということを、公爵は知っている?
 この衣装を見れば一目瞭然だが、それにしても――。

「か、勝手なことをなさらないでください!」

 声を荒げるラティーシャをなだめるようにマティアスは眉尻を下げてほほえむ。

「神殿長が言っていたよ? きみはまったく休もうとしない、と。たまには気分転換をするのも、よりよい仕事をするためには必要だ。働き詰めは心身によくない」

 ラティーシャはあからさまに驚いた顔になった。しだいに眉根が寄っていく。

「神殿長と――私の兄とは親しいごようすで。……私と公爵さまは前にお会いしたことがありましたか?」

 マティアスはほほえむばかりで、ラティーシャの問いかけには答えようとしない。

「ひとまず朝食にしないか。それから、付き添ってもらった礼をしたい」

 マティアスが「ルーサー」と名を呼ぶと、

「――はい」

 いなくなってしまったと思っていた銀髪の家令が再び姿を現した。廊下でこちらのようすをうかがっていたのだろう。

「彼女に、用意していたドレスを」
「かしこまりました」

 ラティーシャは眉をひそめた。用意していたドレス、というのが引っかかる。彼はいつから、ラティーシャを邸に留めておくつもりでいたのだろう。

(いま何時なのかしら……)

 窓から射す光から察するに陽はだいぶん高い。マティアスは早朝に神殿長へラティーシャの休暇を申し入れ、ドレスを用意したのだろう。
 女性の使用人が淡いグリーンのドレスを持って部屋にやってきた。

「俺は先に食堂へ行っているから」

 昨日とは異なる上着を手早く羽織り、マティアスが立ち去る。

前 へ l 目 次 l 次 へ




ページトップへ