2017年05月20日

秘されし、その甘やかな救済 第二章10


 彼の片手がネグリジェの上をゆるりゆるりと伝い落ちていく。

「……っ」

 マティアスの指がネグリジェ越しに肌を押す。その感覚は何ともむずがゆい。
 くすぐったそうにしているラティーシャを見下ろし、マティアスは指先をさらに下降させてふくらみにのぼらせた。

「ぁ……」

 酒に酔っているせいかいまは判断力を欠いている。ふくらんだ部分に触れられることよいのか悪いのか、わからない。
 マティアスの指は慎重にネグリジェの上を滑り、ふくらみの中央にたどり着いた。

「じつはさっき……ここが透けていたんだ」
「……っ!!」

 ネグリジェの生地ごしにマティアスは尖りの部分をコリコリと押す。彼がそうして指でこねると、ネグリジェとシュミーズの向こう側にある乳首がつんっといっそう硬く尖った。

「ああ……俺の指に反応してくれたな。律儀に勃ち上がって……じつに健気だ」
「! ……な、っ」

 よくわからないが、羞恥心を煽るようなことをマティアスは言っている。ラティーシャの頬が酒のせいだけではない火照りを宿す。
 色味を増したラティーシャの赤い顔をしげしげと眺めながらマティアスは彼女のふくらみの先端をふたつとも指でノックした。

「……っ、ん、んん」

 ふくらみに指を押し込め、弾き返そうとしてくる乳頭をくにくにともてあそぶ。
 マティアスは深く息を吐いた。

「きみの薄桃色をよく見てみたい。じかに、この目で」

 ラティーシャは言葉もなく驚く。

(そ、それって……)

 よく考えずとも彼が言いたいことはわかる。それは、ネグリジェとシュミーズを脱ぐということ。

「そ、そんな……こと」

 できません、と言うつもりだった。しかし性急に唇を塞がれてしまい、言葉が発せない。

「ンンッ、ふ……!」

 ――巫女になることだけが私の救い。
 神は人のように人を裏切らない。神だけを信じていれば救われる。
 それがいま大きく揺らいでいる。情熱的な口付けをほどこしてくるこの男性《ひと》は、もしかしたら信じ合える存在なのではないかと思い始めている。

(確証なんてないのに)

 神は絶対だが人は不確かだ。自分を含めて不確かな生き物だ。現に、巫女になれれば満足だと思っていたはずの自分はいま、マティアスにされるがままになっている。彼の唇は柔らかくて、熱くて――気持ちがいい。もっと触れ合ってみたい、という好奇心が身の内からあふれ出してくる。

「……すまない、なにか言いかけていたな? なんだ」

 ほんの少しだけ唇を離し、マティアスは何食わぬ顔で訊いてくる。

「あ……の、っ――ん!」

 言葉までも塞ぐキスだ。はなから彼はラティーシャに有無を言わせる気がない。

「んん、っ……!」

 マティアスの両手がふくらみをわしづかみにしてぐにゃぐにゃと激しく揉みしだく。純白のネグリジェがしわくちゃになった。
 いろんな想いを抱えていたはずなのに、頭の中が真っ白になった。あるのは、乳房をもてあそぶマティアスの手の感覚だけ。そのこと以外は――ほかのことは、なにも考えられない。

前 へ l 目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 03:56| 秘されし、その甘やかな救済《完結》


ページトップへ