2017年05月28日

秘されし、その甘やかな救済 第二章12


「ゃっ、あぁ……!」

 ラティーシャの両手が所在なげに空を切る。

(こんな……)

 触れ合う、というのはこういうことなのか。
 ――なんてふしだらなの!
 頭の中で、されるがままではいけない、と誰かが警告してくる。しかしそのいっぽうで、確かな快感を覚えて腰がひとりでに揺れてしまう。
 ラティーシャの豊かなふくらみがふにゃふにゃとなまめかしく形を変えるさまを見てマティアスは深く息を吐く。

「きみの薄桃色はじつに蠱惑的だ。食んでもいいか?」
「な……っ、ん、ん……!」

 ラティーシャは初め、何のことを言われているのかわからなかったが、マティアスの顔がしだいに胸へと近づいてくることでようやく彼の質問を理解した。

「だ、だめです! そんな――」

 あわててそう言ったときにはすでにマティアスが口を開けていた。赤い舌が顔を出し、ふくらみの色づいた先端へ伸びていく。つややかな金の髪がふわりと揺れ、それと同時に舌が乳頭をチロリと控えめに舐め上げる。

「ぁあ……っ!」

 口から出た突拍子もない声に自分自身が驚いているあいだにマティアスがまた薄桃色のつぼみを下から上へと舌で撫でる。

「はっ、ぁぅっ」

 ラティーシャはたまらなくなって胸もとを手で覆い隠そうとした。しかしマティアスがそれを許すはずもなく、両手首をつかまれて身動きがとれなくなる。

「俺が舌で舐め上げると、きみのココは嬉しそうに揺れてさらに身を硬くする。大いに悦んでいるようだ」
「……っそんな、私……! んっ、んんっ!」

 ――悦んでなんかいない。
そう弁明したいけれど、果たして本当にそうなのかと疑わしい。彼の舌がそこに触れるたびにあらぬ場所が疼くのだ。この反応は本当に『悦んでいない』のか、経験がないのでわからない。

「感じることは罪ではないよ、ラティーシャ」

 濡れた薄桃色に息を吹きかけるようにマティアスはささやいた。そのまま言葉を続ける。

「乙女でなくとも巫女にはなれる」

 そう言うなりマティアスは口を大きく開けて、硬くしこった乳首にかぶりつく。

「あ、ぁっ!」

 ――乙女でなくても、巫女になれる? では、巫女とはいったいなんなの。私が目指しているものは、いったいなんなの。
 頭の中がひどく混乱している。巫女になって清らかに、平穏に日々を送ることが目標であり唯一の救いだと思っていた。それなのに、マティアスは反対のことばかりささやいてくる。

「ふぁあっ、あっ」

 もうごまかしようがない。乳頭をなぶる舌は明確な快感をもたらしている。気持ちがいい。下半身の奥底は、ふつふつとたぎるように熱く脈づいている――。

前 へ l 目 次 l 次 へ




ページトップへ