2015年12月21日

先生の淫らな指先01


 先生と「こういう」関係になったのはつい最近のことだ――。


「……失礼、します」

 わずかに震える指先で指導室の扉を開ける。カラカラと乾燥した引き戸の音と、放課後特有の喧噪――誰かの笑い声がする。
 部屋のなかにいる男をちらりと確認し、すぐにまた目を伏せる。

「ああ……。入れ」

 男の声はいつも平坦で抑揚がない。気のない、声。
 辻村 綾音(つじむら あやね)はうつむいたまま「はい」と小さく返事をして、指導室のなかへ入った。
 室内には夕日が差し込み、机を照らしていた。その片側には、腕と脚を組んで椅子に座る若い男。綾音の担任――雪谷 一翔(ゆきがや かずと)だ。

「……座れよ」

 綾音はびくっ、と肩を震わせた。
 先ほどと同じように小声で返事をして、先生の向かい側にある椅子に座った。

「それで? 自分で外したりしていないだろうな」

 綾音の頬がいっそう紅潮する。

「し、してません……」
「じゃあ、見せてみろ」

 うなずきながら下を向き、セーラー服のうえに羽織っていたセーターのボタンに手をかける。
 手もとがおぼつかない。性的に興奮しているからだ。
 ベージュのセーターを袖から抜けさせ、ひざのうえに置く。
 雪谷の視線は白いセーラー服の、ふくらんだところに集中している。そこは不自然に盛り上がっていた。

「電源、自分で入れてみろ。今日は一日、ずっと焦れてたんだろ?」
「そ、んな、こと……」
「ふうん……? まさか、もういじったあとじゃないだろうな」
「しっ、してません、自分でなんて」
「じゃ、早く」

 クイッ、といかにも横柄にあごを動かして雪谷は綾音を急かす。

目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 10:25| 先生の淫らな指先《完結》

2015年12月23日

先生の淫らな指先02


 綾音はセーラー服の下、わき腹のあたりに手を入れて探った。そこに、ふたつのローターのスイッチが貼り付けてある。二本のコードは、乳房のもっとも敏感なところにつながっている。
 綾音はそっと、ローターのダイヤルをまわした。

「……っん」

 右の乳首がふるふると揺れ始める。ローターは乳首を震わせるべく貼り付けられていた。服の下でうごめくそれは綾音の下半身までもひくひくとうずかせる。

「もう片方も、入れろ」
「は、い……」

 ふたたび自身のわき腹を探り、もうひとつのダイヤルをまわす。

「ぁ……っ!」

 左側の乳首に貼り付けられていたローターも振動を始めた。綾音は机のうえに両手をついて、小さなおもちゃがもたらす快感に耐える。
 おもちゃで感じているのを見られるのですら恥ずかしいのに、雪谷は愉しそうに嗤って次の指示を出してくる。

「服を胸のうえまでめくり上げろ」
「……っ」

 向かいに座る男を涙ぐんだ瞳で見つめ、しかし綾音は反抗せず素直に従う。両手でセーラー服のすそをつまみ、ゆっくりと胸のうえまで引き上げた。
 ブラジャーはしていなかった。登校してきたときにはきちんと身につけていたが、今朝がた、この部屋で雪谷先生に没収されてしまった。
 下着の代わりに両方の乳首にローターを貼り付けられ、そのままずっと授業を受けていたのだ。

前 へ l 目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 11:55| 先生の淫らな指先《完結》

2016年01月01日

先生の淫らな指先03


「ああ、いい眺めだ」

 綾音の黒いセミロングヘアがさらりと揺れる。彼女がうつむいたからだ。さらけ出された乳房はどこかまだ、いとけない。
 ヴヴヴ、とローターの機械音が規則的に響くなか、綾音の呼吸は乱れていた。

(先生が……見てる)

 じゅんっ、と下半身の潤みが増す。けれどなかの愛液が外へあふれ出すことはない。なぜならそこも、小さなおもちゃでふたをされている。ショーツを濡らす心配もない。スカートのなかはすぐに素肌。下着はすべて雪谷先生が持っている。
 カタン、と音を立てて雪谷が立ち上がる。
 机をまわり込んでこちらにやってきた。綾音の目に前に、机に浅く腰かけてたたずんでいる。
 先ほどよりも間近で胸を見られているのが恥ずかしい。

「脚……ひらけ」

 ぴたりとくっつけていた内股がぴくっと動く。彼が言っているのは、単に水平にひらくというだけではないだろう。

「わかってると思うが、俺によく見えるようにひらけよ?」
「……はい」

 まずは横に脚をひらく。それから、縦に動かした。両方のかかとを椅子の座面に乗せると、スカートはパサリと腰のほうへ落ちて、必然的にむき出しの秘部があらわになる。
 綾音の淫唇にはうえのふたつと同じ、ピンク色のコードがくわえこまれていた。電源は脚の付け根だ。雪谷がそれを入れる。彼は綾音の蜜壷に埋め込まれたローターの電源ダイヤルを、振り切れるまでいっきにまわした。

前 へ l 目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 07:39| 先生の淫らな指先《完結》

2016年01月08日

先生の淫らな指先04


「ああっ、ぁ……ッ!」

 とうとう三つのローターがすべて動き始めた。こうされるのを、今朝からずっと待ち望んでいた。
 雪谷の指先が秘芯めがけて伸びてくる。その先端を見つめているだけで綾音は達してしまいそうになった。
 なんて淫らな指先だろう。触れられてもいないのに、その指先がもたらす快感を先まわりで感じて期待してしまう。

「んぁっ……!!」

 開け広げに、惜しげもなくぷっくりとふくらんでいた花芽をツンッと人差し指でつつかれた。
 それだけで、びりびりと内奥が震えて脱力する。

「光速だな。おまえ……イクの、とんでもなく早い」
「ぅ……っく。だ、って……」

 先生が焦らすからだ、と言いわけをしてみたが、それでなにが変わるわけでもない。綾音が達したからといってこの蜜戯が終わるわけではない。
 雪谷は綾音の乳首に貼り付けていたローターをふたつとも外して、手のなかにおさめた。

「ほら、いつもみたいに」

 雪谷のその声で綾音は立ち上がった。代わりに雪谷が椅子に腰かけ、そのうえに綾音が座る。これがふたりの「いつも」のことだ。

「せん、せ……。下のは、とってくれないんですか……?」
「うん? ……下はいじってくれないんですか、の間違いだろ」

 雪谷は嘲笑して、手に持っていたローターの電源を入れた。

「制服のすそ、ちゃんと持ってろ。乳首、いじめてやるから。……好きだろ?」
「ん、ふ……っ」

前 へ l 目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 09:40| 先生の淫らな指先《完結》

2016年01月15日

先生の淫らな指先05


 機械音を発しながらローターがふくらみのいただきに触れた。テープで貼り付けられていたときとはくらべものにならない快感だった。
 雪谷は薄桃色の端をぐりぐりとこすっている。

「あぁっ、ふ……っ。せん、せ……っぃ、ぁ……ッ」

 もっとも尖った、敏感なところには触れてくれない。乳首の根もとを震えるローターでぐるぐると押しまわされているだけだ。
 綾音はくねくねと腰を揺らしてよがった。潤んだ瞳で振り返る。雪谷は音もなく笑う。

「どうされたいのかはっきり言ってみろ。どんなときも主張は大事だ。それが正当なことなら、な」

 教え子にこんなことをしているくせに、教育者然としたことを言う雪谷が小憎らしい。しかしこれは綾音が望んだことだ。

 始まりは、渡すつもりのなかった手紙。そこからすべてが始まった。
 授業中に書いた、ひそかな想い。

『雪谷先生とえっちなことがしたい』

 口には出せない欲望を、浅はかにも紙切れにぶつけてしまい、それを没収されてしまったのだ。幸か不幸か、雪谷先生本人に。

 その日、指導室に呼び出され――そこから秘密の日々がいまもなお続いている。


「先生、乳首……っ。ぐりぐりって、してください……!」

 ひといきにそう言った綾音の頬はひどく紅潮していた。悩ましげな表情は雪谷の情欲を逆撫でして悦ばせる。

前 へ l 目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 09:13| 先生の淫らな指先《完結》


ページトップへ