2016年03月05日

満員電車のデキゴコロ06


 ただいま、と心のなかだけで言う。
 入学式を終えた美奈はひとりで家へ帰宅した。母親は仕事へ行ってしまった。出張だと言っていたので、2、3日は帰らない。
 美奈はリビングのソファに寝転がってスマートフォンの画面を眺めた。
 KINEアプリを立ち上げ、優人にメッセージを送る。これはいつものことだ。いつもどおり『今日は晩御飯、いる?』と尋ねた。
 優人の家はとなりだ。母子家庭の美奈に対して優人の家は父子家庭。彼の父親は海外出張中なのでほとんど家にいない。優人が美奈の家で夕飯を食べるのは日常的なことだった。

(いつもどおりの、ことなのに……)

 メッセージを送ったものの、彼はまだ仕事中なのですぐには既読はつかないし返事もこない。それはわかっていることなのに、今日はとても気になってしまう。
 美奈はそわそわと体を動かしながら返事を待つ。
 ピロリン♪ というメッセージの受信音に、心臓が跳ねる。

『ご飯、いる。7時に帰る』

 返信はそれだけだ。いつもとなんら変わりない。

(このままうやむやになっちゃったら、どうしよう)

 スマートフォンを手にしたままノソリと起き上がる。
 このまま、今朝のことはなかったことにされてしまったら――。

(……ううん。とにかく晩ご飯を作ろう)

 時計を仰ぎ見る。5時をわずかばかり過ぎたところだ。

(買い物に行かなくちゃ)

 もたもたしていたら、優人が帰ってくるまでに食事を作り終えることができない。
 美奈は制服のまま、財布を片手に家を出た。

前 へ l 目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 06:23| 満員電車のデキゴコロ《完結》

2016年03月06日

満員電車のデキゴコロ07


 買い物を済ませて帰宅した美奈はすぐに夕飯を作り始めた。すでに6時を過ぎている。優人が帰ってくるまであと1時間しかない。
 無心で黙々と支度を進めていると、ピンポーン、と玄関のチャイムが鳴った。

「はーい」

 返事をしながら玄関へ急ぐ。小走りしたせいか、それとも今朝の出来事のせいかトクトクと自分自身の脈がうるさく感じる。

「……お疲れ様、優人くん」
「うん、お疲れ様」

 優人はどこかよそよそしかった。美奈とは目を合わせようとせず、廊下の隅に視線を投げている。
 彼のそんなようすが、ショックだった。

(今朝のこと、後悔してるの……?)

 後悔されるくらいなら、何事もなかったようにされるほうがまだいい。何事もなかったときに、戻れるほうが格段にいい――。

「ご……ご飯、できてるから……。上がって」

 平静を装って、いつも通りにふるまう。

「お邪魔します」

 小さな声でそう言って、優人が家のなかへ上がり込む。ダイニングまでの短い廊下が、今日はやけに長く感じる。

「入学式はどうだった?」

ふたりで食卓を囲んだところで話しかけられた。話題に困っていた美奈としてはかなりありがたい。

「うん、楽しかった」

 ああ、どうしてもっと話をふくらませられなかったのだろう。

前 へ l 目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 05:55| 満員電車のデキゴコロ《完結》

2016年04月17日

満員電車のデキゴコロ08


 楽しかった、という感想も、本意ではない。正しくは「これから楽しくなりそう」だ。

(私のほうこそ、いつも通りにできてないじゃない……)

 気落ちしてうつむく。夕飯は優人の好物、ハンバーグだ。自分の好物でもある。
 それからは当たり障りのない話をポツリポツリと語り合った。会話はあまり弾まなかった。
 制服の上にエプロンを羽織り、皿洗いを始める。

「――美奈ちゃん」

 突然、彼の声がすぐ近くで聞こえた。驚いて、ビクッと肩を震わせる。
 振り返るのよりも、うしろから抱きしめられるほうが早かった。

「……っ、ゆう、と、くん?」

 背中と顔が熱い。洗い物の途中だから、手はつめたい。

「……今朝は、ごめん」

 かすれ声はとても低かった。
 彼がここへ来てからはあえて避けていた話題を出されて、うやむやにされたくないと思っていたのに、いざとなるとどう切り返してよいのかわからなくなる。

「あ……。えっと、その……」

 自分の気持ちをどう伝えればよいのかわからずまごついていると、先に優人が口をひらいた。

「美奈ちゃん、もともとかわいかったのに、どんどん綺麗になっていくから……困る」

 黒いセミロングヘアに熱い息が吹きかかる。うなじも同時にかすめるものだから、くすぐったい。
 優人は美奈の首すじに顔をうずめて言う。

「いまも……かわいすぎて、たまらない」

 腰にゆるく巻きついていた彼の腕がわずかに締まった。

「美奈ちゃんは、誘ってるつもりなんかないってわかってたのに……あんなことして、本当にごめん。……怒ってる?」
「お、こって、なんか……」

 ぶんぶんと頭を左右に振って全力で否定する。むしろ嬉しかった、とは恥ずかしくて言えないので、怒ってなどいないと伝えるのが精いっぱいだった。

(でも、きちんと言わなくちゃ。私の気持ち)

 前を向いたまま深呼吸をする。

「わ、わたし……。優人くんのこと、ずっと……。す、好き、だったから……その」

 ひとりでに顔が、耳が熱くなっていく。つめたかった手の先もだ。

「……それ、俺のせりふなんだけど」

 腰もとにあった優人の腕が急に動いた。素早く、上へと。

「っ……!?」

 片手で頬を覆われ、強引にうしろを向かされた。そのあとは、暗くなった。彼の顔が視界をさまたげている。

「ん、ん……っ!」

 恋しいひととのファーストキスは思いのほか濃厚だった。唇が半びらきになっていたせいか、すぐに熱い舌が割り入ってきた。口のなかをねっとりと、しかしどこか性急に舐め上げていく。

「ふっ、ん、ンンッ」

 鼻でうまく息ができなくて苦しい。
 美奈が息苦しさを感じているのに気がついたらしい優人は、名残り惜しそうに唇を離した。

「ごめん……。でも、止まらない。嬉しくて」
「んくっ、う……」

 初めはひかえめだった、エプロンとセーラー服をまさぐる手の動きがしだいに激しくなっていく。
 ごく自然に、違和感なくセーラー服のすそがめくれ上がる。そうなっているのは制服のほうだけだ。優人は白いエプロンの両端からなかに手を突っ込んでいる。
 制服のすそが胸の上まできたところで、美奈はとっさに両腕で胸もとを押さえた。いやだ、とかそういことではない。羞恥からくる反射だった。

「……美奈ちゃん」
「ひゃっ……!」

 耳もとで、甘さを帯びたかすれ声で名前を呼ぶのはやめてほしい。肢体の先端がむずがゆくなってきてしまう。

「……っあ」

 プチンッという音がなんなのか、すぐにわかった。ブラジャーのホックを弾かれて、胸もとがゆるくなる。
 美奈はますますぎゅうっと両腕に力を込めた。

「恥ずかしい?」

 問われ、コクコクと何度もうなずく。

「じゃあ、エプロンはそのままでいいから……。ね?」
「っ、え……」

 セーラー服のすそは胸の上だというのに、エプロンは着たままだ。それだけならまだよかったのだが、優人は白いエプロンの両端をつまんで中央に寄せてしまった。よけいにへんな格好になっている気がするし、これではけっきょく、なにも隠せていない。

前 へ l 目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 05:10| 満員電車のデキゴコロ《完結》

2016年04月18日

満員電車のデキゴコロ09


「ふっ、あ、ぁ……っ」

 大きな手のひらがふたつ、わき腹を撫でたどって這い上がってくる。ゆるくなったブラジャーはたやすく押し上げられ、その内側へと温かな両手が入り込む。

「……やわらかい」

 優人は小ぶりのふくらみを両方とも手のひらにおさめて言った。

「んっ、ぁうっ」

 下から持ち上げるようにやわやわと小さな胸を揉み込まれ、恥ずかしさでいっぱいになる。

「ゆう、と、くん……っ。や……ぁっ」
「ん……。俺にこうされるの、いや?」
「や……じゃない、けど……。私の胸、その……小さい、から」

 美奈の頬は真っ赤に染まっていた。優人は彼女の初々しい反応を見て口角を上げる。

「俺はすごく好きだよ。俺の手のひらに、すっぽりおさまる」
「ひぁっ……!」

 乳首を指のあいだにはさまれるかたちで胸をわしづかみにされた。ふくらみの先端を、そこには触れず乳輪を押すことで揺り動かしながら優人は嗤う。

「さわってないのに、勃ち上がってるね? 美奈ちゃんのココ」
「うっ、んくぅ……」

 薄桃色は細長い指のあいだで硬くしこって踊り狂う。クニクニと執拗に、じれったく揺らされている。

「ねえ、ここ……持っていて。美奈ちゃんの綺麗な乳首が隠れてしまいそうだ」

 優人が美奈の白いエプロンの端をピンッと人差し指で弾く。
 言われるまま、美奈はエプロンの両端を指でつまんだ。

(や、やだ、私ったら……)

 胸を見られるのは恥ずかしいと思っているのに、それとは相反する行動をとっている。
 しかし彼の言葉にはどうしてか逆らえなかった。強いられているわけではないのに、素直にしたがってしまう。したがわなければ、このままずっと敏感なところには触れてもらえないような気がした。

「……いい子だね」

 子どもあつかいされても、それほどいやな気はしなかった。理由はわからない。

「っぁ……!」

 胸を揉みくちゃにされることで際立っていた薄桃色の先端に彼の指が触れる。

「あ、ぅ……っ」

 自分でさわるときとはまったく異なる感覚に、戸惑ってしまう。
 優人は壊れものをあつかうように、慎重に美奈の乳首を指でこねた。

(気持ちよくて、ふわふわする……)

 甘い声が自分のものとは思えないし、優人にこうして触れられているのも、どこか現実味がなかった。彼がとても柔らかな手つきで乳頭をこねくりまわしているせいもあるのかもしれない。

「美奈ちゃん、痛くない? 平気?」
「ん……。へい、き……」
「じゃあ、もっと強くしてもいいかな」

 美奈が同意する前に、優人は指に力を込めた。

「ひぁっ!?」

 堰を切ったように突然、強くなった刺激に驚き、目をパチパチと瞬かせる。

前 へ l 目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 06:36| 満員電車のデキゴコロ《完結》

2016年04月19日

満員電車のデキゴコロ10


「あっ、ぁうっ、んッ……!」

 それまでとは打って変わって、乳首を激しく指でなぶられる。

「ほら、エプロンの端っこ、ちゃんと持っていないとダメだよ」
「う、ん……ッ。ぁ、ふぁぁっ……!」

 中央に寄せていたエプロン生地をぎゅうっとつかむと、いっそう強く乳頭をつままれた。
 無意識に腰が揺れ、呼吸はさらに荒くなる。

「コッチもさわっていいかな」

 優人は美奈の太ももを撫であげ、ショーツの端に手をかけた。

「う、うん……」

 答えるのとほぼ同時に、ズルリといっきにショーツを下へおろされ、

「ぁっ……!」

 突然、スカートのなかが無防備になってしまいあせる。まごつく美奈をよそに、優人は待ちきれないと言わんばかりの手つきで性急に彼女の秘裂を指でまさぐった。

「よく濡れてるね……。聞こえる? くちゅくちゅって、いやらしい音がする」

 そんなふうに言われると、水音がよけいに際立って頭のなかに響いてくる。

「ぅっ、んぅぅ……ッ!」

 彼の指が膣口の浅いところをリズミカルにさぐる。しだいに奥へと進んでいって、水音がいっそうひどく――ぐちゅぐちゅっ、という音に変わる。

「はっ、ぁ、ぁあッ」

 ついにはもっとも深いところまで指がおさまってしまった。ずんっ、ずんっと小刻みにしつこく突かれている。

「ぁぁ、あ、ふぅっ!!」

 初めは怖いと思ってしまった。いったいどこまで指が入るのかわからなくて、そして入ってしまったらどうなるのか、知らないので怖い。
 しかしいざそうなってみると、どうだろう。自分がみだらなのか、彼の指戯がたくみだからなのかはわからないが、初めてのこととは思えないくらい気持ちがよくて、どんどん快楽のとりこになっていく。

「あ、ひぁぁっ――……!」

 達してしまうまではあっという間だった。そんなふうに感じた。下半身は激しく収縮して彼の指を締めつける。

「……ベッドに、行こっか」
「ふっ……!?」

 ああ、なぜこんなにも恥ずかしいのだろう。お姫様だっこで、自室へ運ばれている。
 こういうシチュエーションが現実に起こりえるものだなんて信じられないし、これからいよいよ――と思うと、羞恥心が込み上げてきて、同時に緊張した。
 そっと、ベッドにおろされる。
 美奈は乱れた制服のまま不安げに彼を見上げた。

「……今日は、やめておこうか」
「……っ、え」
「美奈ちゃん、顔が青ざめてる」

 頬に手を添えられた。とても熱く感じるということはすなわち、自分の頬が冷えきっているということだ。

前 へ l 目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 06:40| 満員電車のデキゴコロ《完結》


ページトップへ