2017年08月05日

御曹司さまの独占愛01


「――誕生日、おめでとう。やっと僕の手に入る」

 その夜、事は起こった。
 若菜《わかな》は明日が18歳の誕生日だということをすっかり忘れて床に就いた。日付が変わった頃にはすっかり深い眠りに落ちていた。
 午前零時を一秒だけまたいだときだった。
 聞きなれた声が聞こえて、急に体が重くなった。何事だろうと思って目を開ければ、そこには仕えている主人の顔があった。

「か、和臣、さま……?」

 体にしっかりと掛けていたはずの布団はどこかへ行っている。代わりに、この広大な邸の主人である東條 和臣《とうじょう かずおみ》が重くのしかかっていた。

(和臣さま、お部屋をお間違えになった?)

 和臣の寝室である奥座敷の次の間が、この邸に住み込みで働いている若菜の寝床だ。

「今日をずっと待ち望んでいたよ」

 和臣は端正な顔で笑みを形づくる。どうやら寝床を間違えているわけではなさそうだ。

「夢にだって何度も見た」

 若菜には彼がなにを言っているのかさっぱりわからない。

「和臣さま? あの……」
「きみはあまりにも鈍感だ。だから、実力行使をすることにしたんだよ」

 和臣の大きな手のひらが着物の上のふくらんでいる部分をつかんだ。若菜の体がびくりと跳ね上がる。

「ひゃっ!?」
「ああ……きみのここは触れたらこんなにも柔らかいんだね」

 和臣は若菜の着物の上からふくらみを両手でわしづかみにして円を描くように揉みまわす。ときおり指先に力を入れて、感触を確かめるようにぐにゃぐにゃとふくらみを押した。

「やっ!? あ、ゃぁっ……!」

 胸を揉みまわされているうちに着物の衿あわせが崩れてきた。和臣は胸をつかんだまま左右に手を広げて若菜の乳房をあらわにする。
 若菜は慌てて自身の胸もとを押さえた。

「和臣さまっ……! 酔っていらっしゃいますか?」

 酔っているのでなければ、真面目で温厚な彼が突然、豹変してしまったことの説明がつかない。

「……そうだな。そうかもしれない。きみに酔いしれている」

 そう言いながら和臣は闇色の着物の腰紐をほどく。彼の着物の裾がはらりと落ちると、隆々とした腹筋がのぞくのと同時にそのすぐ下に異様なまでに大きくそそり立つ肉塊があった。若菜は初めて目にする雄の象徴に驚いて顔を凍てつかせる。

「そんな目で見られると、いたたまれないな」

 和臣が哀しげに笑う。

(どうして、こんな……)

 兄のように慕っていた人。それ以外の感情は持ち合わせていない。雇い主に対してそのような感情を抱いてはいけない。
 ――私はただの家事手伝いなのだから。

目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 05:46| 御曹司さまの独占愛《連載中》

2017年07月30日

秘されし、その甘やかな救済 番外編02【完】


 イザベラは浮かない顔で祈りの間へと向かう。こういうときは神頼みだ。彼に相談すれば少なくとも気は晴れる。

「こんにちは、アドニス様」
『やっほー、イザベラ! いらっしゃい』

 神はいつも快く迎え入れてくれる。そのことに少なからず救われる。
 イザベラはオズウェルとのことを包み隠さずすべて吐露した。するとアドニスはあごに手を当てて思案顔になった。

『ははぁん……。潔癖なオズウェルの言い出しそうなことだな』

 アドニスは左の手のひらに右のこぶしをポンッと押し当てる。

『よし。じゃあきみたちに血のつながりがないように世界を作り変えてあげる』
「で、できるんですか? そんなこと」
『できるよ。だって僕、神様だもん。でもそうなると、きみはカトラーではなくなるけど平気? オズウェルは兄ではなく赤の他人。ラティーシャもそうだ』

 ――やはり相談してみるものだ。
 本当にそんなことが可能なのか、疑う気持ちが少しもないわけではないけれど、事態が好転するのならばもう何でもいい。

「ふたりの存在が消えてしまうわけでは、ないんですよね?」
『うん、もちろん』
「……では、お願いします。アドニス様」
『あいあいあさぁ! もうすぐ空から大きなものが落ちてくる。そのあとは、きみの望む世界になっているはずだよ』
「大きなものが落ちてくる……というのは、どういうことですか?」
『なにも心配しなくていいよ。空から落ちてくるものは僕が何とかするから――』


 アドニスが予言した『空から落ちてくるもの』というのは巨大な石のことだった。祈りの間が壊滅し、神が消えたと聞いたイザベラは血相を変えて神殿の奥へ急いだ。
 しかしその途中で、視界のなにもかもがゆがんだ。それは一瞬だった。しかしその一瞬で、なにかが変わった。なにが変わったのか、自分でもわからない。

「私の名前は……イザベラ・マクミラン」

 記憶が、なだれ込んでくる。これまでの人生が、頭の中を駆け巡る。なぜいまこんなことになっているのだろう。

「――イザベラさま? どうなさいました?」

 廊下で立ち尽くしていたイザベラに声を掛けてきたのは最近、巫女に昇格したラティーシャだ。彼女のことは妹のようにかわいがっている。

「ああ、ラティーシャ……。ううん、何でもないわ」
「そうですか?」

 ラティーシャは首を傾げて言葉を継ぐ。

「神殿長がお呼びでしたよ」
「え、ええ……」

 ――神殿長。
 どくっ、と心臓が跳ねる。

(ああ、お会いするのはいつも緊張する)

 神殿長であるオズウェル・カトラーに会うときはいつも心臓が壊れるのではないかと思うくらい緊張してしまう。
 神殿長室に着いたイザベラはわずかに震える手で扉をノックした。「失礼します、イザベラです」と口にしながら扉を開ける。

(ああ、どうして? 今日はやけに胸が高鳴る)

 オズウェルは窓際に立っていた。イザベラが部屋に入るなり、慌てたようすで出入り口のほうを振り返る。
 ふたりは言葉もなく、互いの頬を赤く染めた。

FIN.

お読みいただきありがとうございました!

熊野まゆ

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)に投票

前 へ l 目 次


posted by 熊野まゆ at 06:47| 秘されし、その甘やかな救済《完結》

2017年07月29日

秘されし、その甘やかな救済 番外編01



※近親ものですので苦手な方はブラウザバックをお願いします。


「――いけない子だ」

 オズウェル・カトラーは自身の長い銀髪をうっとうしそうに背のほうへと払った。それから、ベッドに四つん這いになっている黒い髪の女にさらに激しく腰を打ち付ける。

「あぁぁっ!」

 彼女の喘ぎ声はたとえそこが神の居所であろうとも淫らに響く。オズウェルと同じ姓を持つイザベラは彼のそれに貫かれる悦びの声を上げた。

「私にうしろから突かれるのがそんなに気持ちがいいのか?」

 嘲笑めいたものをたずさえてオズウェルはなおもイザベラを責める。

「きみの中には私と同じ血が流れているというのに。気持ちよさそうに大声で喘いで……はしたない」

 イザベラの体が大きく前へと揺れ動く。オズウェルは彼女の中にうずめた一物を容赦なく抽送して互いの快楽を高めていく。

「ふぁっ……ぁ、あッ!」

 あわいに突き刺さっている剛直はもうずいぶんと長いこと猛ったままだ。欲情されていることが嬉しくて、蜜奥がきゅうっと切なく疼く。
 ――実の兄であるオズウェルと『こういう』関係になったのはつい最近のことだ。誘ったのは、私。清廉潔白だった兄に想いを告げて、一糸まとわぬ姿で迫った。

「なにを考えている?」

 問われるのと同時に体の向きを変えられた。切ない部分はつなぎ合わせたままだ。
 イザベラの体を横たえたオズウェルは彼女の表情を観察しながらゆるく律動する。

「な、なに、も……ん、あぅっ」
「なにかを悔いているんじゃないか。そういう顔をしている」

 言いながらオズウェルはベッドに横たわるイザベラの色づいた部分をつまむ。

「ひゃっ、ぅ……!」

 乳頭を強く引っ張られても、快感しかない。

「私とこういうことをする関係になったのを、後悔しているのでは?」

 その言葉にイザベラは目を見開いた。視線をさまよせたあとで静かに目を伏せる。
 こうなったこと自体は後悔していない。ただ、神の御心に反するようなことを彼に強いてしまったことがつらい。

「……イザベラ」

 オズウェルは消沈しきったようすのイザベラの腰をふたたび両手でつかんで向きを変える。仰向けになった彼女に、オズウェルはあらためて、勢いをつけて奥まで陽根を挿し入れた。

「はぅっ、ぁ……んっ!」

 彼の長い銀髪は振り乱れている。翡翠色の双眸は濡れているようにも見えた。
 肉襞を擦られるたびに、オズウェルとつながっていることを実感する。至高のひとときだ。もう、世界が滅んでもよいとさえ思えてくる――。
 イザベラが達しそうになると、オズウェルは雄棒を引き抜いて彼女の腹に子種をまき散らした。
 白く濡れた自身の腹を、夢見心地で見つめる。
 オズウェルが深く長く息を吐く。

「私と同じ血を持つきみが愛しくてたまらない。だから私は……神殿の長を辞すべきだ」

 なかばまどろんでいたイザベラはオズウェルの発言で一気に覚醒する。

「そ、そんなこと……!」

 ――神殿長を辞めるだなんて!

「いけません、お兄様。私のせいで、そのような……」
「きみのせいではない。私がいけないんだ。きみに触れたいという欲求を抑えられなくなった。……私は長年きみに恋い焦がれていた。実の妹だというのに」

 オズウェルの両手がイザベラの頬をつかむ。

「私は神に仕えるべきではない。きみにも、今後一切触れないことを自分自身に誓う」
「……!」

 イザベラは絶句する。彼に強引に迫った自分自身を、猛烈に責めた。

「私を忘れて自由に生きろ。我が愛しの妹、イザベラ」

 イザベラの頬を覆っていたオズウェルの両手は、彼女の茶色い瞳からとめどなくあふれる水粒でしとどに濡れた。

前 へ l 目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 06:47| 秘されし、その甘やかな救済《完結》

2017年07月23日

秘されし、その甘やかな救済 第三章16


「ふぁ、あ……っ」

 口もとは押さえていても声が漏れ出てしまう。恥ずかしそうに顔を伏せるラティーシャの服をマティアスは脱がせにかかる。

「すべて見たい。舐めまわすのが叶わないのならば、この目にきみのすべてを焼きつけたい」

 マティアスの言葉を聞くなりラティーシャは大きく息を吸った。
 ――何てことを言うの!
 火がついたように全身が熱くなる。いや、マティアスによって羞恥心に火をつけられたのには違いない。
 うろたえるラティーシャをよそにマティアスはどんどん彼女の長衣を脱がせていく。長衣はラティーシャの体からするりとたやすく抜けた。下着もまた彼の手によってあっという間にはぎ取られてしまった。

「あ……」

 雲の上のベッドで、一糸まとわぬ姿でいるのはどうにも居心地が悪かった。どこかへ隠れてしまいたいけれど、ここにはベッド以外なにもない。ラティーシャは先ほど神になにを誓ったのかをすっかり忘れて、自身の体を両手で覆い隠して固く脚を閉じる。

「そうして隠されると、かえって暴きたくなる」

 なにもかもを見透かすような、澄みきった碧い目を細めてマティアスはラティーシャの脚を左右にこじ開けようとする。

「や、ぁっ」

 なおも抵抗するラティーシャの唇に、マティアスは荒々しく口づける。

「ふっ――!」

 いきなり焦熱の舌が入り込んできたものだから、否が応でもそちらに意識を奪われてしまう。そうしてゆるんだ脚をマティアスはすかさず左右に割り、秘芯を指でまさぐった。

「ンッ、ンンッ……!」

 絡め取られた舌も、それから下半身の秘粒も彼のいいようにそれぞれもてあそばれる。いつの間にかマティアスの片手が乳房にも添っていた。どうやら両腕の力も抜けてしまっていたらしい。
 マティアスは薄桃色のつぼみを丹念に指で押し揉みながら脚の付け根にある花芽をもう片方の指先でひねりまわす。

「んふっ、ん、んぅっ――!」

 いっぺんにそんなふうにされて、快感のうねりがすさまじい勢いで駆け上がってきた。それが弾けるまでに大した時間は要さない。

「ん、んっ……」

 ラティーシャはビクン、ビクンと体の奥底を震わせて脱力する。マティアスはゆっくりとラティーシャの舌を解放して彼女を見下ろした。秘裂をツウッと撫で、その下の小さな口に指を沈める。

「よく濡れている……が、きみのここに俺のものをうずめるのは婚姻が成ってからにする」

 マティアスの長い指先が肉粒をつまむ。ラティーシャは小さく「んっ」と嬌声を漏らした。

「そのときまで……いや、そうなってからもそうだが。存分にきみを味わわせてもらうとしよう」

 不敵にほほえむマティアスに、ラティーシャはとっさに言葉を返した。

「わ、わたしも……マティアスさまを味わいたい」

 されるばかりではいやだ、不公平だ。そんな想いが急に強くなった。ラティーシャは彼の首に腕をまわし、驚いたような顔をしているマティアスの唇を塞ぐ。
 あまりにも性急だったせいか、歯が少しだけぶつかってしまった。ラティーシャが謝ろうと唇を離すと、マティアスは彼女の頭をかき抱いてふたたび口づけた。
 口づけはどちらからともなく深くなっていく。

「ん、んん――」

 永久を思わせる秘密の空間で、ふたりは甘く淫らに互いを貪り合う。

FIN.

お読みいただきありがとうございました!
イザベラとオズウェルのスピンオフを予定しております(近親ものですのでご注意ください)。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

熊野まゆ

前 へ l 目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 06:04| 秘されし、その甘やかな救済《完結》

2017年07月22日

秘されし、その甘やかな救済 第三章15


「もちろん、きみがよければ――の話だが」

 ラティーシャは口を開きかけ、しかしすぐに閉じて代わりにこくりとうなずいた。「もちろんいいです」などとはっきり答えてしまうのはどうにも恥ずかしい。しかしながら、彼と触れ合いたいという欲求があるのは確かだった。

「本当に?」

 両の手のひらを手で覆われる。マティアスの手は熱く、その熱が伝わってきたせいかラティーシャの頬もまた温度を上げる。

(うなずくだけでは、だめなのね)

 肯定を言葉にするのは恥ずかしいけれど、きっと必要なことだ。

「……はい。神に誓って」

 か細い声であってもこの空間ではどうしてか大きく響く。ああ、はやり恥ずかしい。
 羞恥の色に染まったラティーシャの耳をマティアスは嬉しそうに甘噛みする。

「ひゃっ!」
「……すまない、つい」

 マティアスが大きく息を吐く。耳朶をくすぐる吐息がくすぐったい。

「きみの全身を舐めまわしたい。知らないところはないというくらいに舌を這わせて肌を確かめたい」
「そ、そんな……! それは、さすがにちょっと」
「……だめなのか?」

 眉尻を下げて悲しそうな顔をしている彼を目の前にすると何だか申し訳ない気持ちになってくる。

(でも……全身を舐めまわすだなんて!)

 想像しただけでも恥ずかしくてたまらない。ラティーシャは耳まで赤く肌を色づかせてうつむく。

「では、ここをいじるだけにしておこう」
「――っ、あ」

 長衣の上からふくらみの先端を押される。ラティーシャは肩をすくめた。神に誓ってしまったからには、いくら恥ずかしいからといって彼の手を払いのけるようなことはできない。

「ん、ん……ッ」

 探るような手つきで長衣越しに敏感ないただきをくすぐられる。ラティーシャの口から漏れ出る声はわずかだったが、ここではやけに響く。四方から聞こえる自身の声がまた羞恥心をいっそう煽って、双乳のいただきを過敏にさせる。

「尖りきっているのが服の上からでもよくわかる……。俺にこんなふうにされて気持ちがいいか?」
「ぅ……ん、んぁっ……!」

 ラティーシャはあわてて口を押さえた。声の反響がすさまじいせいで、妙な背徳感が増す。

「神は認めているんだ。気にしなくていい」
「そ、そういうことでは……ぁ、あっ」

 いつの間にかマティアスの手が長衣の裾から中へと侵入していた。大きな手のひらが素肌を這い上がり、ふくらみを撫でて薄桃色の部分を手探りする。
 そうして肌に触れられるだけでもあらぬところが疼いてくる。それなのに、いただきに触れるか触れないかのところをすりすりと擦り立てられるのだ。下半身のくすぶりが瞬く間に大きくなる。
 彼のほほえみが艶を帯びる。細くなった瞳が情欲をたぎらせて底光りしているような気がした。

前 へ l 目 次 l 次 へ


posted by 熊野まゆ at 06:48| 秘されし、その甘やかな救済《完結》


ページトップへ