2017年06月10日

秘されし、その甘やかな救済 第三章03


「さて、きみの名前を教えて?」

 アドニスはうしろで手を組んでラティーシャの顔をのぞき込んだ。彼が身に着けているのは巫女が着ているものと同じ長衣だ。しかし妙なことに、彼が腕を動かしても袖がまったく揺れない。もしかしたら彼は実体がないのかもしれない。疑問に思ったものの、それを口に出して尋ねるほど気安い関係ではない。ラティーシャはひとまず名乗ることにした。

「ラティーシャ・カトラーと申します」
「うんうん、イザベラとオズウェルの妹だね。ふーん……イザベラにはあんまり似てないね。オズウェルとは髪の色が一緒だ」

 オズウェルとは神殿長をしている兄のことだ。アドニスはオズウェルとも面識があるらしい。兄は神殿長だから、当然といえばまあそうだ。

「姉と兄とはそれぞれ母親が違うものですから。兄の髪色は父親ゆずりです。私もそうなのだと思います」
「そうなんだ? なかなか甲斐性のあるお父さんだねぇ」

 色っぽく流し目をしてアドニスが笑う。
 ラティーシャは初めて相対する『神』にどきどきと胸を鳴らしながら問う。

「あの……アドニスさま。ひとつお尋ねしてもよろしいですか」
「うん、なぁに?」

「私は、巫女とは元来清らかでなければならないものだと思っておりました。実際のところは、どうなのでしょう。巫女とはどうあるべきなのでしょうか」

 アドニスはきょとんとして目をしばたたかせた。

「うーん……。ありのままでいいんじゃないの? きみたちがどこでなにをしていても、僕は咎めたりしないよ。好きな人といちゃいちゃするのもよし、朝までお酒を飲んで楽しく過ごすのもよし。むしろいろんな経験をしてほしいな。それを僕に話して聞かせて? 僕は世界の、そこに住まう人々のいろいろなことを知りたい。きみたちと話をして、さまざまな想いの祈りを受ける。それが僕の糧なんだ」

 アドニスは快活な笑みを見せる。

「恋の相談にだって乗るよ。もちろん、秘密厳守! ラティーシャは好きな人はいるの?」

 今度はラティーシャがきょとんとする番だ。あまりに寛容な――むしろ、考えていたのとは真逆の回答に面食らう。

「すっ、好きな……人……」

 真っ先に頭の中に浮かんだのはマティアスだ。彼の笑顔、それからどうしてか指先を思い出し、頬に熱がこもる。

(私……マティアスさまのこと――)

 彼のことを想うと胸の奥が締め付けられる。どうにもいたたまれないなにかが込み上げてきて、それと同時に彼がそばにいないことを寂しく思ってしまう。
 ひとり頬を赤らめるラティーシャを見てアドニスはニイッと笑みを深めた。

「ははぁ、そのようすだと……好きな人がいるんだね? ねぇ、詳しく話を聞かせてよ」
「そ、そんな……! 神様にお話しできるようなことではありません」
「またまた、つれないなぁ。まあ、今日は初の対面だったしね。でもいずれ聞かせてね?」

 屈託のない笑顔を見せるアドニスに、ラティーシャはいまだに戸惑いを見せながらも笑い返した。

前 へ l 目 次 l 次 へ


2017年06月04日

秘されし、その甘やかな救済 第三章02


「どこに触れればよいのですか?」
「どこでもいいわよ。しいて言えば花びらかしら。茎は棘があって痛いから」
「わかりました」

 あまり強く触れては花びらが落ちてしまうので、慎重に、そっと花弁に手を伸ばす。指先が、ほんの少しだが花びらに触れた、そのとき。

「――!」

 どこからともなく強い風が吹いた。ラティーシャの長い銀髪をひらひらと揺らす。巻き起こった強風に驚いてラティーシャはとっさに目を閉じた。風がおさまったころに、ゆっくりと目を開ける。
 目の前に、顔があった。

「やっほー! 初めまして、僕アドニス。神様やってまーす」
「――!!?」

 ラティーシャはドスンと大きな音を立てて尻もちをつく。大理石の床はお尻に優しくない。地味に痛い。
 目を白黒させながら、ラティーシャは『神』を名乗るその少年を見上げた。萌黄色の髪と瞳の美しい少年はいたずらが成功したときのようにニヤニヤと顔をほころばせている。

「もう、アドニス様。そうやって新人の巫女を驚かせるのはおやめくださいな。みんな尻もちをついて、しばらくお尻が痛くなってしまうんですから」
「ごめんごめん、つい楽しくて。ほかに娯楽もないからさぁ」

 萌黄色の髪の少年――アドニスは小首を傾げてポリポリと頬をかいている。

「あ、あの……お姉さま。これはいったいどういうことでしょうか?」

 ラティーシャはお尻に手を当てながら何とか立ち上がり、イザベラに尋ねた。

「どういうこと……と言われると説明に困るわね」

 イザベラは悩ましげにあごに手を当てる。

「その蔓薔薇に触れることでアドニス様――神様のお姿が見えるようになるの。彼の姿が見えるようになれば、晴れて巫女というわけね」

 ラティーシャはパチパチとまばたきをする。

「では、昇格試験は合格ということでしょうか?」
「そうね。アドニス様は万人拒まずだから、よほどのことがなければ大丈夫なのよね」
「ちょっとぉ、イザベラー?」

 アドニスが口を尖らせてイザベラを咎める。いっぽうのイザベラは少しだけ肩をすくめた。

「ああ、巫女の仕事の一つはアドニス様のお話し相手になってさしあげることよ。アドニス様はこの祈りの間から出ることができないの。だからいつも暇を持て余していらっしゃるのよ」
「ええっ、イザベラ! その言い方は何だかなぁ。僕が暇人みたいじゃないか」
「ふふ、申し訳ございません。口が過ぎましたわ」

イザベラはそう言ったが、悪いと思っているようではない。飄々としている。

「それじゃあ、ごゆっくり。私は先に戻ってるわね」

純白の長衣をひるがえしてイザベラが去る。残されたラティーシャはいまだに戸惑いを隠しきれない。

前 へ l 目 次 l 次 へ


2017年06月03日

秘されし、その甘やかな救済 第三章01


 機は熟し、その日がやってきた。

(私……こんな状態で昇格試験を受けてもいいの?)

 心の中には迷いしかなかった。公爵邸での出来事を思い出し、奉仕中にもかかわらず頬が熱くなる。ラティーシャは神殿の奥の間へと歩いていた。

「緊張してるの? ラティーシャ」
「は、はい……」

 前を行くのは母親違いの姉であるイザベラ・カトラーだ。彼女は先輩の巫女でもある。イザベラは黄みを帯びた肌に黒い髪の毛、とラティーシャとはまったく異なる風貌である。

「きっと大丈夫よ。さあ、こっちよ」

 イザベラに先導され、ラティーシャは神殿の奥へ奥へと進む。
 巫女見習いになって三年が経つと、巫女になるための昇格試験を誰もが受けることができる。どんな試験が待ち受けているのか、事前には知らされないのでわからない。

(いまのところ、巫女の昇格試験に落ちた人はいないらしいけれど)

 しかしそれはみなが清く正しく敬虔に神を信仰していたからに違いない。

(それなのに私は……)

 マティアスに秘めたところをさらし、あまつさえ舌で舐めしゃぶられてしまった。あのあとラティーシャはあまりの羞恥と快感で気を失ってしまい、それ以来マティアスには性的なことをされていない。「また失神されてはたまらない、きみの体が第一だ」と言っていた。
 ただ一度とはいえ、浴室でのことも含めふしだらなことをした事実は変わらない。その行為を後悔しているわけではないけれど、こんな自分は巫女にはふさわしくないのではないかと思うのだ。
 ラティーシャは悶々としたまま、神殿のもっとも奥まったところにある祈りの間に着いた。
 そこはほかとは一線を画していた。神殿内はそもそもそうだが、ここはよりいっそう天井が高い。複雑に組み合わされた扇形のヴォールトが垂直方向の大空間を実現している。
複数の丸い天窓から一直線に差し込む光は柱のようにそれを――花瓶に活けられた薔薇を囲んでいる。

「あれは……蔓薔薇、ですか?」
「そうよ。あの薔薇に触れれば、お目にかかれるの。私たちの神様に」

 イザベラの言葉を聞いてラティーシャは首を傾げる。

「私はいまから昇格試験を受けるのですよね?」
「ええ、そうね。試験……というほどのものではないわ。あなたなら大丈夫。さあ、触れてみて。その蔓薔薇に」

 イザベラはラティーシャではなくなにもないところに向かってウィンクをした。その行動の意味がわからず、ラティーシャはますます首をひねる。
 わけがわからないままおずおずと歩みを進め、花瓶の前に立つ。光の柱に囲まれた萌黄色の蔓薔薇は生き生きとしているように見受けられた。

前 へ l 目 次 l 次 へ


2017年05月28日

秘されし、その甘やかな救済 第二章12


「ゃっ、あぁ……!」

 ラティーシャの両手が所在なげに空を切る。

(こんな……)

 触れ合う、というのはこういうことなのか。
 ――なんてふしだらなの!
 頭の中で、されるがままではいけない、と誰かが警告してくる。しかしそのいっぽうで、確かな快感を覚えて腰がひとりでに揺れてしまう。
 ラティーシャの豊かなふくらみがふにゃふにゃとなまめかしく形を変えるさまを見てマティアスは深く息を吐く。

「きみの薄桃色はじつに蠱惑的だ。食んでもいいか?」
「な……っ、ん、ん……!」

 ラティーシャは初め、何のことを言われているのかわからなかったが、マティアスの顔がしだいに胸へと近づいてくることでようやく彼の質問を理解した。

「だ、だめです! そんな――」

 あわててそう言ったときにはすでにマティアスが口を開けていた。赤い舌が顔を出し、ふくらみの色づいた先端へ伸びていく。つややかな金の髪がふわりと揺れ、それと同時に舌が乳頭をチロリと控えめに舐め上げる。

「ぁあ……っ!」

 口から出た突拍子もない声に自分自身が驚いているあいだにマティアスがまた薄桃色のつぼみを下から上へと舌で撫でる。

「はっ、ぁぅっ」

 ラティーシャはたまらなくなって胸もとを手で覆い隠そうとした。しかしマティアスがそれを許すはずもなく、両手首をつかまれて身動きがとれなくなる。

「俺が舌で舐め上げると、きみのココは嬉しそうに揺れてさらに身を硬くする。大いに悦んでいるようだ」
「……っそんな、私……! んっ、んんっ!」

 ――悦んでなんかいない。
そう弁明したいけれど、果たして本当にそうなのかと疑わしい。彼の舌がそこに触れるたびにあらぬ場所が疼くのだ。この反応は本当に『悦んでいない』のか、経験がないのでわからない。

「感じることは罪ではないよ、ラティーシャ」

 濡れた薄桃色に息を吹きかけるようにマティアスはささやいた。そのまま言葉を続ける。

「乙女でなくとも巫女にはなれる」

 そう言うなりマティアスは口を大きく開けて、硬くしこった乳首にかぶりつく。

「あ、ぁっ!」

 ――乙女でなくても、巫女になれる? では、巫女とはいったいなんなの。私が目指しているものは、いったいなんなの。
 頭の中がひどく混乱している。巫女になって清らかに、平穏に日々を送ることが目標であり唯一の救いだと思っていた。それなのに、マティアスは反対のことばかりささやいてくる。

「ふぁあっ、あっ」

 もうごまかしようがない。乳頭をなぶる舌は明確な快感をもたらしている。気持ちがいい。下半身の奥底は、ふつふつとたぎるように熱く脈づいている――。

前 へ l 目 次 l 次 へ


2017年05月27日

秘されし、その甘やかな救済 第二章11


「……柔らかい。それに、温かい」

 唇が離れて開口一番がそれだ。早くマティアスを押しのけなければと思うのに、そんなことを言われては妙な羞恥に見舞われてうまく両手を動かせない。
 ラティーシャがそうしてまごついているあいだにマティアスは彼女のネグリジェの裾をつかんでするすると引っ張り上げていく。

「ゃっ、公爵さま……!」
「マティアス、だ。そう呼ぶようにさっき頼んだじゃないか。もう忘れてしまったのか?」
「いいえ、つい――っ、あ」

 ラティーシャが弁明しているすきをついてマティアスはネグリジェを胸の上までめくり上げてしまった。シュミーズの前ボタンをプチプチと手際よく外し、肩ひもに手を掛ける。

「ま、待っ――」
「そう、マティアスだ」
「いえ、そうではなくて!」

 ラティーシャが言葉を継ごうと口を開きかけたときだった。マティアスはシュミーズの肩ひもをずるりと両方とも引き下ろした。

「あっ……!」

 あらわになってしまったものを隠そうと、ラティーシャは両手を前へ持ってくる。しかし彼女の反応を予測していたらしいマティアスがそれを阻む。マティアスはラティーシャの両手首をやんわりとつかんで両脇に固定する。それからじっくりと、視線で舐めまわすようにラティーシャの乳房を観察した。

「あぁ……なんてきれいな乳房なんだ。きみはどこもかしこもきれいだ。心までも美しく、可憐で……尊い」
「そ、んな……こと。私は……少なくとも心は、美しくなどありません」

 見た目は、母に似てよいほうなのかもしれないけれど、性格は――打算的なところがあるし、建前ばかり言いつらねる。清らかな心など持ち合わせていない。だからこそ、修行を積んで巫女になりたいのだ。
 ラティーシャが肩をすくめると、形のよい豊かな乳房がふるっとわずかに揺れた。華奢な体つきのわりに豊満な乳房はそれゆえにいっそうなまめかしく、それがまたマティアスの性欲と興味を煽る。

「では、これから教えてくれ。俺はきみともっと多くの時間を過ごしたい。密に触れ合うことでお互いを知るんだ。わかるね?」
「……っ! こ――マティアス、さまっ」

 公爵さま、と呼べばまた揚げ足を取られてなし崩しにされかねないので名をよんだのだが、

「ああ、ありがとう。きみに名を呼ばれると体じゅうが歓喜する」

 言いながらマティアスはわしづかみにしたラティーシャのふくらみをふにゃりふにゃりと揉みしだく。ラティーシャは彼の手首をつかんだが、その動きを止めることはできない。

「きみがそうして俺の手首をつかんでいると……きみが俺に乳房を揉ませているようだな」
「なっ……!?」

 ラティーシャがあわてて手を放すと、マティアスはニイッと口の端を上げて、自由になった両手でさらに激しくラティーシャのふくらみを揉みまわした。

前 へ l 目 次 l 次 へ




ページトップへ